記事の詳細

chargecard0_000-0今回は、ユニークでシンプルなカード型USBケーブル”チャージカード – CHARGECARD”を3週間弱の使用をもとにレビューしていきます。

※この製品は先月に日本国内で発売されたばかりですので、ご覧頂く価値はすごくあると思いますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まずはプレスリリースをご覧ください

 

プレスリリース:2013年6月17日 FROM:合同会社東京先端網   ■おサイフに楽々入る カード型USBケーブル ”チャージカード – CHARGECARD” の国内発売開始について■  合同会社東京先端網(TokyoTrendNetwork,LLC)は、米国クラウド・ファンディング・サービスであるKickstarterによりZeller Design, LLCで開発されましたユニークでシンプルな カード型USBケーブル”チャージカード – CHARGECARD” http://www.chargecardproject.com/ を日本国内初[※1]、国内販売を開始致しました。 Amazon.co.jpにて、日本国内でご購入いただくことが可能です。 また、iPhone5/iPodtouch(5G)/iPad(4th) のLightningコネクタ版も、鋭意準備を進めており、準備が整い次第、日本国内で販売を開始する計画です。 商品詳細URL:http://astore.amazon.co.jp/tokyotrendnet-22/detail/B00D0HI7U0   【@TREND 連絡先】 http://www.tokyo-trend.net/ 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-11-10-3F Tel:03-6365-5965

 

ChargeCardの特徴

財布に収まるカード型USBケーブル(充電・データ転送対応)
出先や旅行先でもかさばらずラクラク。※約2.5mm厚
クレジットカードやキャッシュカードと一緒に持ち歩ける。  

ChargeCardの外観

chargecard_001パッケージ外観です。 非常にシンプルですね!    

 

 

 

 

 

 

chargecard_001-1パッケージ裏面になります。 イメージ画像が掲載されていますので、どのように接続すればよいかが分かります。 
 

 

 

 

 

chargecard_002-1こちらも拡大しました。            
 

 

 

 

 

 

chargecard_003実際に製品を取り出してみました。

デザインは、カード型ということで、コンパクトに仕上がっています。 材質はプラスティック製となります。  
 

 

 

 

 
chargecard_004

拡大画像です。 先端にmicro端子がありますので、こちらをスマホに接続することになります。  

 

 

 

 

 
chargecard_006こちらは、実際に手持ちのAndroidスマホと本製品を使用して充電してみました。 ノートパソコンなどに搭載されているUSB端子と本製品の接続端子に触れさせるだけで充電可能です。 さらには充電のみならず、データ転送も出来ます。    

 

 

 

 

  

最後に、、、

如何でしたでしょうか。 今回は、合同会社東京先端網様より特別オファーにて製品を無償提供していただき、レビューに至りました。

chargecardはアメリカで設計されていることもあって、シンプルさを追求するとクレジットカードと同じサイズにまでコンパクトになってしまうところが素晴らしいです。 モバイルバッテリーもそうですが、重さと大きさが一番のネックになるかと思いますので、一度本製品をお試しする価値は大いにあります。

ただ一つデメリットを言えば、海外製品ですので金額が多少高いことと、アフターサービスが受けられない点です。

ですが、この3週間使用した現在まで不具合は発生していませんので、大きな心配は必要ないでしょう。

 

それから、今回はAndroid用の製品をご紹介しましたが、iPhone用も発売していますので、気になった方はAmazonよりご覧ください。      

   

 

ポチっと応援よろしくお願いします

皆様からいただく「情報がためになった」、「サイトが見やすい」など、嬉しいお言葉がサイト運営の何よりの原動力です。「この記事があなたの役に立った」と感じて頂けたら、下記バナーをクリックして頂けると幸いです。    

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top