記事の詳細

いつも当サイトを応援して頂きありがとうございます。
ポチっとクリックして頂けると励みになります。


ソフトバンクモバイルは、iPhone 5などの4G LTE対応機種において、イー・アクセスのFDD-LTEネットワークが利用可能になる「ダブルLTE」を本日3月21日より提供すると発表しました。
doublelte1

「ダブルLTE」は、これまでソフトバンクが提供してきた2.1GHz帯のLTEに加え、イー・アクセス(イー・モバイル)が提供する1.7GHz帯のLTEも利用できるようになるというサービス。ユーザーがネットワークを切り替える必要はなく、混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するため、より安定したLTE の通信サービスが利用できるようになります。

doublelte2

「ダブルLTE」は、利用者の多いiPhone 5やiPad(第4世代)などから対応していくそうです。都内の一部地域より開始し、徐々に全国に拡大。2014年3月末には、SoftBank 4G LTE に対応した基地局は3.8万局になる予定とのことです。

doublelte03

Andoridスマートフォンについては、今後発売するモデルから対応していく方針だ。

対応エリアは、都内の混み合う数百箇所がスタート時の対象となり、ことし12月には全国で利用可能にしたい考え。ユーザー側ではOSのアップデートも不要、ダブルLTEに対応することで、バッテリー消費に大きな影響を与えることもないという。

また同サービスは、OSのアップデート等は必要なく利用できます。「繋がりにくいソフトバンク」から「繋がりやすいソフトバンク」へ。快進撃はまだまだ続きそうですね。

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top