記事の詳細

iPhoneのiOSアップデート「iOS7」のニュースがちらほらと出てきましたので、当サイトでも具体的にどこがどう変わるのか、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

まずは動画でiOS7の機能を見てみましょう

 
 

新機能のControl Centerが搭載

Control Centerからは、時計、カメラ、計算機、Flashlightのようなアプリケーションにも直ちにアクセスできます。

画面下からスワイプひとつで、機内モード、Wi-Fi、Bluetooth、おやすみモードといったコントロールにアクセスできるほか、画面の明るさ、音楽の一時停止と再生、次のトラックへの移動、AirPlayを使った音楽のストリーミング再生することも可能となっています。
 

AirDropで近くの人と共有

AirDropは近くにいる人々とコンテンツをすばやく簡単に共有するためのまったく新しい方法です。

何かを共有したいときには、AirDropが近くにいる人々の連絡先が表示され、共有する相手を選べば、あとはAirDropがすべてやってくれます。
また、iOS 7では完全なマルチタスクをサポートし、バックグラウンドのアプリも各種処理を行なえるようになりました。
 

 Music(音楽)アプリは、新たに「iTunes Radio」を搭載

iPhone/iPad/iPod touch/Mac/Windows/Apple TVを使って、お気に入りの曲(歳税済みの曲やダウンロード済みの曲など)やインターネットラジオ放送を組み合わせたストリーミング配信を楽しめる。なお、この機能については、米国から順次対応となっています。

ios7_1

 

Safariは、デザイン変更と機能強化

Safariの再設計されたユーザーインターフェイスにより、ブックマーク機能、タブ機能の強化に加えて、IDとパスワードをiCloudを介して管理する「iCloud Keychain」をサポートし、ID/パスワード入力の煩雑さを軽減しています。

 

Siriも新たに進化

Siriは新しい男性または女性の声になってより一層音質が向上したようです。
Twitter検索も統合されたため、SiriにTwitter上で誰が何を言っているのか尋ねることもできます。

 

対応デバイス

対応デバイスは、iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)。
開発者に対しては本日よりiOS 7ベータ版および「iOS 7 SDK」が配布されます。


皆様からいただく「情報がためになった」、「サイトが見やすい」など、嬉しいお言葉がサイト運営の何よりの原動力です。「この記事があなたの役に立った」と感じて頂けたら、下記バナーをクリックして頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top