記事の詳細

2013年秋に発売されたアップルの「iPhone5s」が好調のようですね!

旧型のiPhoneを使っていた人のみならず、これまでAndroidスマホを使っていた人の乗り換えも増えてきています。

ですが、AndroidからiPhoneへ乗り換える場合、これからご説明する注意点を事前に把握しておかないと、旧端末からのデータ移行が出来なくなってしまいます。

そこで今回は、ありがちなトラブル事例を元にして、AndroidからiPhoneへの乗り換え時の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク


 

「おサイフケータイ」など、iPhone非対応サービスは自分で解約する

おサイフケータイは端末内のSIMカードに紐付けられているので、放置したまま機種変更するとチャージ金額を無駄にすることになりますので、乗り換え前にあらかじめ自分で退会手続きを行ってください。
 

「電話帳」の移行はメールを利用すると便利

Androidスマホに挿入してあるSDカードにバックアップするのが一番手軽です。
バックアップを実行すると、ファイル名の末尾が「.vfc」になっているデータが作成されるので、これをPCにコピーし、iPhoneにメール添付して送信すれば、添付ファイルを開くだけで簡単に電話帳を移行できます。

ちなみにソフトバンクの場合ですと、「電話帳簡単コピー」というアプリを使用することで、簡単に電話帳を移行することが可能です。
 

「LINE」のアカウントを使い続けるにはひと手間が必要

LINEのデータは、アプリをアンインストールして、新たな端末ではじめから利用すると、新しいアカウントになり、これまでのデータが消えてしまいます。
大事な過去のトークなども見られなくなります。そうならないために、事前に準備を行う必要があります。

具体的には、機種変更前に、LINEアプリから「メールアドレス登録」か「Facebook連携」のどちらかを必ず行っておくことです。

その後、新しいiPhoneからメールアドレスまたはFacebook連携を使ってログインすることで、アカウントを使い続けられます。
※トーク履歴は消えますので諦めてください(^^ゞ
 

アプリのIDとパスワードを必ず事前にメモする

「Twitter」や「Facebook」など、AndroidとiPhoneのどちらでも利用できるアプリの多くは、機種変更したiPhone側でアプリを再度インストールし、同一のアカウントでログインすることで、問題なく使い続けられますので、事前にIDとパスワードを忘れずメモしておいてください。
 

最後に、、、

異なるOS(基本ソフト)のため、AndroidからiPhoneへの乗り換えでは、すべてのデータを移行するのはなかなか大変ですが、機種変更を検討している人は、入念な準備を忘れないようにしてくださいね!
 

ポチっと応援よろしくお願いします

皆様からいただく「情報がためになった」、「サイトが見やすい」など、嬉しいお言葉がサイト運営の何よりの原動力です。「この記事があなたの役に立った」と感じて頂けたら、下記バナーをクリックして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top