記事の詳細

スマートフォン(スマホ)の出費を減らしたい。

そんな人は電話代の“節約アプリ”を活用してみてはいかがでしょうか。すでにご存知の方は多いかもしれませんが、スマホに無料の専用アプリを入れて使う格安通話サービスが続々登場しています。
いろいろと比較してみて自分にピッタリ合った節約法をさがしてみましょう。

 

スマホに乗り換えるとどれくらい出費が増える?

スマホはゲームや動画を楽しむのに便利な半面、通信量が多く料金プランも高めです。従来型の携帯電話から替えた人には「月々の支払いなど負担が重くなった」という声も聞かれ、一般的な定額プランで月々1000~1500円ほど支出が増えるケースが多いのが現状です。

さらに課金制のサービスを別途契約したり、家族の中でスマホを使う人が増えたりすれば、家計の出費は一層かさみます。ある調査会社によると、スマホに替えた人がいる家庭では月平均3300円の負担増になったとのデータもあります。

 

そこで役立つのが「通話アプリ」

音声をインターネット回線のデータに換えて通話する仕組みで、同じアプリの利用者同士であれば、携帯各社の定額データ通信料金の範囲内で無料で話せます。ITや通信業界の大手各社が次々にサービスを提供していますので、安心かつスマホの電話代がグンと下がります。

 

どのような無料通話アプリがあるのか

現在、主要のアプリは以下の4つになります。

 line LINE(ライン)
ベッキーのCMでもおなじみの無料通話アプリ。通話機能以上に人気なのが、チャットで活躍する楽しいスタンプ機能ですね。シュールなイラストが老若男女問わず大人気のようです。
 kakao カカオトーク
こちらも土屋アンナのCMでおなじみのアプリ。韓国発の無料通話アプリ。コミュニティ機能が充実です。
 skype Skype(スカイプ)
無料通話アプリの老舗、Skype。もともとはパソコン向けだったものが、今ではスマホやタブレットでも使えるようになりました。
 comm comm(コム)
吉高由里子のCMで記憶に新しい、DeNAが提供するスマホ向けの無料通話アプリ。テキストや画像スタンプなどを用いたチャットや、インターネット経由での無料音声通話が利用できます。

 

「通話アプリ」の使い分け方

普段どんな相手とよく通話するかによって、賢く使い分けるのがコツです。

仲間うちのコミュニケーションに使う無料メール機能が主体の『ライン』などは、無料通話も家族や友人同士といった“より近い間柄”であればとても便利ですが、利用者同士以外には通話できないので、相手が限定される点に注意が必要になります。

また、相手のアプリに関係なく、090などで始まる携帯電話や一般の固定電話にもかけたいという“通話本位”で使う人には『スカイプ』が役に立ちます。
スマホ1台で2つの電話として使い分けも可能となりますので、かなりの節約になります。

 

最後に、、、

「通話アプリ」は現行のスマホ利用者も、この先“スマホデビュー”する人も、大きな節約効果が期待できる必須アイテムとなるでしょう。

これらのアプリはスマートフォン同士であれば基本的に通話料が無料のため、誰でも気軽に利用できます。もちろん、複数のアプリを同時にインストールしても問題ないので、ひとまず全てをインストールして、自分に合った使い方のできるアプリを見極めていくのがベターと言えるかもしれません。

ただ注意して欲しいのは、起動したままだとスマホの電池が減りやすくなったり、ネット回線の接続状況などによって通話が不安定になったりすることもありますので、スマホのバッテリー管理には十分気を付けてくださいね。

いつも皆さん、応援ありがとうございます。

スマートフォン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top