記事の詳細

anker_top

iPhone に限らずスマートフォンの弱点は、電池の減りが早いことです。特に外出先でスマホの充電切れで困ったことは、誰もが経験済みではないでしょうか。

当サイトでもバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介していますが、特にヘビーユーザーでしたら、モバイルバッテリーを一つや二つ持ち歩いていると、何かと安心ですよね。

 

 

そこで今回ご紹介するモバイルバッテリー「Anker Astro Slim2」は、なにより厚さが 10mmしかないのでかさばらず、持ち歩きや使用中の取り回しが良く大変オススメです。
2週間ほど使用したレビューを写真を交えながらご紹介していきますので、ご購入の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

そもそもAnkerとは?

Anker(アンカー)は、米国、英国、ドイツ等、累計売上20万個以上を誇るモバイルバッテリーブランド。

 

主な特徴~Anker日本公式HPより抜粋~

●スリム&パワフル
Anker Astro Slim2 は、薄さわずか10mmのコンパクトサイズにもかかわらず、パワフルなバッテリーです。
大半のスマートフォンに対して、2~3回のフル充電が可能です。よく手になじむ形状のボディとなっており、
充電中はお使いのスマートフォンと重ねて持つことができます。また、バッテリーの前面のLEDランプにより、
バッテリー残量が確認できます。

●わすらわしいコードからの開放
Android対応の充電ケーブル一体型。Android端末をご利用の場合は、ケーブルを別途持ち運ぶ必要は
ありません。Apple製品にももちろん対応しており、本製品に同梱されているケーブルか、
iPhone5の場合は純正のLightningケーブルをお使い頂ければ、充電が可能です。

●高速充電
大容量かつスリムなだけでなく、2つの機器への同時充電がフルスピードで可能です。
両方のポートから、各1Aの電力で、お使いの端末を安全に充電できます。
スピーディに充電が可能なので、1日中端末をフル活用していただけます。

 

スペック

ANKER ASTRO SLIM2 主なスペック・仕様
製品名 ANKER ASTRO SLIM2
製品寸法
高×幅×厚(mm)
126 x 64 x 10mm
バッテリ容量 4,500mAh / 3.7V リチウム電池
重量(g) 113g
入出力 DC 5V 1A + 1A
付属品 マイクロUSBデータテーブル(1)
マイクロUSB miniUSBアダプタ(1)
マイクロUSB apple 30ピンアダプタ(1)
取扱説明書(1)
メーカサイト ANKER

 

外観

anker_01まずは、パッケージ外観をご覧ください。

とてもシンプルですね。個人的には好きです(笑)

 

 

 

 

anker_02パッケージの中身を全て出してみました。

内容物は、本体、取り扱い説明書、USBアダプタ、iPhone用コネクタが入っています。

取扱説明書ですが、日本語表記されているのでご安心ください。

 

 

anker_03

 

本体の外観です。

マットな質感なので、スマホに丁度よく合います。

 

 

 

 

anker_04右側面です。

USB端子を搭載しています。

 

 

 

 

anker_05

 

左側面です。

Androidスマオートフォン用の端子を搭載しています。

 

 

 

 

anker_06カバーを外した時の状態です。

 

 

 

 

 

anker_07

 

こちらは、Androidスマートフォン(Softbank AQUOS PHONE 009SH)を接続した際の外観です。

ほぼ同じサイズ感であることが分かると思います。

 

 

 

 

anker_08一番見やすい角度からの写真がこちらです。

ズボンのポケットに入れても邪魔になりませんね。

 

 

 

 

anker_09

 

続いては、iPhoneとの接続に必要な、各種ケーブルとLightningケーブルです。

それぞれを挿してください。

 

 

 

 

anker_10もう片方のUSB端子を本体の右側面に挿せば充電が始まります。

 

 

 

 

anker_11

 

iPhoneと同等のサイズであることが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

anker_12最後に、本体への充電は、付属のUSBケーブルをパソコンのUSB端子に挿すだけで開始されます。

4つのLEDインジゲータが点灯すると、フル充電となります。

 

 

 

 

最後に、、、

Anker Astro Slim2 は薄いだけでなく、「Micro USBケーブル一体型」になっているという特徴があります。
先端の Micro USB端子は本体の充電ソケット部にキャップのようにハマっていて、 それをパカッと外します。

ですが、このパカッと外すのが一苦労で、あまり力を入れてしまうとケーブルが切れてしまう恐れもありますので細心の注意が必要です(笑)

ただ、実勢価格3,000円を切っての4,500mAhバッテリーでいえば、なかなかのコストパフォーマンスです。
また18ヶ月保証という点も大きな魅力の一つと言えますね。

自分の必要としているモバイルバッテリーは、どんなタイプのものか?
毎日持ち歩くものですから、後悔しないようにチェックしてくださいね。
今回のレビューも、皆様の参考になれば幸いです。

 
販売は、下記アマゾンのみです。品切れの可能性が高いので購入はお早めに

皆様からいただく「情報がためになった」、「サイトが見やすい」など、嬉しいお言葉がサイト運営の何よりの原動力です。「この記事があなたの役に立った」と感じて頂けたら、下記バナーをクリックして頂けると幸いです。

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top