記事の詳細

スマートフォンは端末を操作するためのソフト(通称OS)の種類によって分類でき、大きく分けて4種類に分けることができます。

スマートフォンの基本OSは4種類

Android 検索サイトのgoogleが作ったOS。自由度が高く、様々なメーカーの端末に使用されているのが魅力。アプリの規制がないため、様々なアプリを楽しめる。アプリの種類は60万とiOSに劣るが、世界シェアではトップとなった。近いうちに、アプリの数もiOSを抜くだろうと予測されている。
iOS Apple社が作ったOS。i-phoneに使用されている。Androidに比べて自由度は低い。スマートフォンの先駆けとして、アプリの種類は65万と豊富。世界シェアでは2位となったが、日本では依然、人気が高い。
BlackBerry カナダのリサーチ・イン・モーション社が作ったOS。日本では馴染みがあまりないが、海外ではビジネスユーザーに高い支持を得ている。
Windows phone 言わずと知れたWindowsが作ったOS。まだまだ、発展途上のOSで、今後に期待。

 

AppleのiOSとGoogleのAndroidが一騎打ち

OSはパソコンで言えばWindowsがかなり有名ですが、日本のスマートフォン市場ではAppleのiOSと、GoogleのAndroid(アンドロイド)が勢力を二分しています。
MicrosoftのWindows Phoneも登場していますが、現在はこの2つがほとんどを占めているのが現状です。

国内シェアでは、圧倒的だったiOSを後発のAndroidが猛追し追い抜いた状態で、iOSが4割強、Androidが6割弱ぐらいになっています。

新しいiPhoneの発売前にはAndroidが多く、発売後にはiOSが増えるように年間で見ても流動的です。

 

AndroidとiPhoneのメリットの違い

Androidのメリット
OS アプリ 機種毎
  1. PCが必要ない
  2. カスタマイズできる
  3. ウィジェットが豊富
  4. 修理がショップで可能
  5. メーカー、形、デザインが選べる
  6. SDカードに対応
  7. Flashに対応

 

  1. 無料アプリが多い
  2. アプリを自由に開発できる
  3. メーカー毎のアプリがある
  4. ホーム画面が変更できる
  5. YoutubeのHQ再生
  6. アプリマーケットが選べる
  7. 15分以内なら返品できる

 

  1. おサイフ、ワンセグ、赤外線搭載
  2. テザリング対応
  3. WIMAX搭載
  4. キーが豊富
  5. ストラップの穴がある
  6. HDMI対応
  7. 防水、防塵
  8. 3D対応
  9. 高画質カメラ
好きなようにカスタマイズできるので、使えば使うほど使いやすくなり、愛着が湧く。 アプリの数は少ないが、種類は豊富。返品できるので色々なアプリを試すことが出来る。 メーカー毎の個性的な機能があるので、やりたいことに合わせて機種が選べる。

 

iPhoneのメリット
OS アプリ 機種毎
  1. iPhone独自のiOS搭載
  2. FaceTimeでテレビ電話ができる
  3. 年に一度のバージョンアップがあり、OSが古くならない
  4. メーカー、形、デザインが選べる
  5. Safari搭載
  6. SDカードに対応

 

  1. アプリの数が多い
  2. セキュリティ面での安全性が高い

 

  1. バッテリーが長持ち
  2. Retinaディスプレイ搭載
  3. iCloudでファイル共有ができる
  4. アクセサリ、周辺機器が豊富
  5. Facetimeでテレビ電話ができる
アップル独自のiOSで使いやすさは圧倒的。バージョンアップもあるので常に最新の状態で利用できる。 アプリの数がとにかく豊富。安全性が高いので、初心者でも安心して使える。 iPhone独自の機能が楽しめる。またアクセサリの種類はスマートフォンのでトップのシェアを誇る。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

アップルストア

関連するスマートフォン記事一覧

ページ上部へ戻る
Top